ホーム > 口腔外科について

口腔外科について

口腔外科について

口腔外科について

検診

健やかな口腔内環境を取り戻すために、力をつくします。
虫歯や歯周病、入れ歯の治療だけではなく、お口の中に発生するいろいろな疾患に対応しています。
口の中を全身の一部ととらえて治療を行うのが当院のモットー。

当院長は、大学病院等で歯科口腔外科医として多くの手術を経験した実績があるので、さまざまな症状を的確に診断し、最適な治療へと結びつけていくことに長けています。
「歯は痛くないけど、口の中に違和感がある」「口腔内や顔面に気になることがある」という方は、ぜひ一度ご相談ください。

このような症状はありませんか? まずはご相談ください。

歯茎がぷくっと腫れて痛い。顔が腫れてきた。
歯のトラブルが原因で炎症を起こしている可能性があります。
炎症を取り除き、腫れに対処いたします。

口の中の粘膜が赤くただれている。触ると痛い潰瘍がある。
口内炎の可能性があります。痛みを軽減する治療を行います。

歯茎が腫れている。
歯茎が痛い。歯茎から血や膿が出る。歯茎が痩せて下がってきた。
・・・歯茎の病気が疑われます。きちんとした診断を受けていただくためにも、
早めの受診をおすすめします。

口が渇く。口臭がする。ネバネバする。
・・・口腔乾燥症(ドライマウス)の症状かもしれません。加齢による唾液の分泌量の低下や、
ストレス、不規則な食生活、薬物の副作用などが考えられます。

顎がカクカクと鳴る。口が大きく開かない。顎を動かすと痛みがある。
・・・顎関節症かもしれません。放っておくと重症になるかもしれませんので、ぜひ受診を。

顔面が痛い。
・・・三叉神経痛が疑われます。顔の感覚を脳に伝える脳神経の異常かもしれません。


悪性腫瘍(がん)のご相談も受け付けています。
口の中にもがんはできます。口の中に気になるおできがあれば、すぐにご相談ください。何よりも早期発見が重要です。当院では歯科医院としてはめずらしく病理検査も行っています。

福西歯科口腔外科では、手術も行っています。

親知らず、埋伏歯の抜歯

当院では困難な抜歯に対応しています。親知らずや埋伏歯は、生え方や神経との距離などにより抜歯の難易度が大きく異なります。当院では、歯科用CTによる画像診断を行い、親知らずなどの状態を確認。まわりの炎症の程度や生え方の位置なども考慮し、安全に抜歯を行います。

インプラント治療

インプラントとは、歯が失なわれた場所にチタン製の人工の歯根を埋入し、そこに人工の歯冠を装着する治療法のことです。自分の歯に近い咬み心地と審美性に優れていることが、大きなメリットです。歯全体の寿命を延ばすことにもつながります。
当院では最大限安全性に配慮したインプラント治療を行っています。

詳しいインプラントの内容はこちら>>
福西歯科口腔外科の理事長はインプラント学会専門医です。

※※お願い※※
高血圧症、糖尿病、狭心症、肝炎などの疾患をお持ちの患者様は、歯科と医科の両方にまたがり診療を行なうケースがあります。他の医療機関と情報共有もはかりながら治療させていただく場合がありますのでご了承ください。入院治療や特殊な治療が必要な場合は、地域医療連携病院をご紹介させていただきます。

地域医療連携:
国立病院機構大阪医療センター、大阪大学 口腔外科、大阪歯科大学、
住友病院、日生病院、大阪厚生年金病院
電話番号:06-6443-7380
カウンセリング まずは、お悩みをお聞かせください。ご自身の症状について、ご相談を随時受け付けております。 電話番号:06-6443-7380 お問い合わせフォームはこちら
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
大阪市西区江之子島1-1-9-115

ホームページを見たとお伝え下さい
【電話番号】
06-6443-7380

【受付時間】
月~金曜9:00~13:00
月~金曜14:00~17:00

詳しくはこちら