ホーム > 一般歯科

一般歯科

一般歯科

患者様の次の10年を考えた治療を行います

働く人の「お口の健康」を守りたい

虫歯になったり、歯が痛い状態はマイナスの状態です。歯科医院で治療をし、痛みが消えた後は、マイナスがゼロに戻っただけで、それをプラスにするには日々の患者様の心がけが重要です。

歯に対しての高い意識と、しっかりとした知識を身に付けていただき、
健康な歯を維持していけるようにサポートして参ります。

当院では、皆様が気軽に、納得して来院していただけるよう、歯に対するさまざまなご希望をお聞きするとともに、症状や治療方針を診断するのに必要な基本的な検査からはじめさせていただきます。

歯を失う主な原因のひとつは歯周病によるものです。

歯ブラシ

現在、日本人の8割の成人が歯周病に感染していると言われています。
歯周病とは歯肉や歯を支えている顎の骨の病気です。
歯周病菌によって、顎の骨が破壊され、溶かされます。また、歯周病菌が歯肉の炎症や出血をおこします。

歯がぐらつく、ブラッシング時に歯肉から血が出る、口臭を気にする、朝起きたら口の中が粘つく、食事の際よく物が歯に挟まる、などの症状がでたら要注意です。


歯周病は自覚症状がないまま進行するといわれております。歯周病患者様には、十分に歯周病に関する知識をご説明し、治療の必要性をお話しております。

レーザー治療

レーザー光による虫歯予防や歯周病を改善する治療法です。歯を削らないことから、「痛みを感じない」というお声がほとんどです。副作用はありません。身体に電気を通さないため、高血圧や妊娠中の患者様でも安心して受けていただけます。

位相差顕微鏡

歯周病菌は無色透明なので、普通の顕微鏡では見ることができません。右図の位相差顕微鏡は、特殊な加工がされており、はっきりと歯周病菌を見ることができます。

福西歯科口腔外科では、この位相差顕微鏡を使用し、定期的に歯周病菌をチェックします。

歯周病の検査をするとき、患者さんのお口の中から、少しだけ歯垢を採取して、それを位相差顕微鏡で調べます。

位相差顕微鏡で見ると、現在の菌の状態や、実際にどういう治療が必要かを判断でき、また治療後の結果も目で見て確認することができますので、歯周病の方には非常に有効な検査です。


 


 

 


細菌カウンター

当院では”細菌数測定装置 細菌カウンタ”を使用し歯周病菌を測定することができます。
細菌カウンターでは簡単に口腔内の細菌数が測定できますので、位相差顕微鏡と合わせて、
患者様の歯周病リスク判定を行います。それらを基に患者様に合った治療プランをご提案して参ります。

フッ素イオン導入 

フッ素は歯質に取り込まれると、酸に強いフッ化リン酸カルシウムを形成します。
フッ素は不安定な元素の為、常に他の元素とくっついていますが、パイキュアーという特殊な機械を使用して、フッ素をイオン化させることによって、本来歯牙には取り込まれにくいフッ素を、効果的に導入することができます
。ハブラシ等でフッ素を塗布する方法より、非常に効果的であるといわれています
当院での定期的なフッ素塗布をおすすめします。

 

フッ素は不安定な元素なため、通常は他の元素とくっついています。 パイオキュアーを使用し、フッ化ナトリウムを電気分解することでフッ素をイオン化させます。 この装置を使って人体をプラス極性にさせ、フッ素イオンを取り込みやすくします。

専門の医療機関と太いパイプを持っています

大学病院で口腔外科医として実績を積んだ経験があるため、専門性のある医療機関とのパイプがあります。
より高度な治療が必要と判断された場合は、速やかにそうした医療機関を積極的にご紹介いたしますので、安心して受診してください。



※※お願い※※
高血圧症、糖尿病、狭心症、肝炎などの疾患をお持ちの患者様は、歯科と医科の両方にまたがり診療を行なうケースがあります。他の医療機関と情報共有もはかりながら治療させていただく場合がありますのでご了承ください。入院治療や特殊な治療が必要な場合は、地域医療連携病院をご紹介させていただきます。

地域医療連携:
国立病院機構大阪医療センター、大阪大学 口腔外科、大阪歯科大学、
住友病院、日生病院、大阪厚生年金病院
電話番号:06-6443-7380
カウンセリング まずは、お悩みをお聞かせください。ご自身の症状について、ご相談を随時受け付けております。 電話番号:06-6443-7380 お問い合わせフォームはこちら
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
大阪市西区江之子島1-1-9-115

ホームページを見たとお伝え下さい
【電話番号】
06-6443-7380

【受付時間】
月~金曜9:00~13:00
月~金曜14:00~17:00

詳しくはこちら